フォトギャラリー

ブルーベル.スタディコース

古代の森に群生し、より生存力の強い外来種の侵入によって絶滅の危機にさらされているイングリッシュブルーベルを見る目的で英国にいらっしゃった4名のためにカルチャーツーリズムUKが旅のアレンジをさせていただきました。今回はブルーベルに加え、全員が興味を持っている英国映画、テレビドラマのロケ地を周るという内容で7泊8日の英国滞在です。

 

まずはデンマンカレッジで2泊しながらイングリッシュ.ブルーベルとスパニッシュのブルーベルの見分け方やそれ以外のイギリスで見られる野生の植物に関して学びました。同じく自然に興味を持つクラスメートとの交流も楽しいもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

午前と午後のお茶の時間。先生たちが用意してくれた熱い紅茶と、デンマンカレッジのシェフが作ってくれたショートブレッドのビスケットで素敵なモーニングティでした。

 

 

 

カウスリップ

 

野生の蘭がこんなに沢山。先生も「こんなに沢山見られることはめったにありません。」と写真撮影。ラッキーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デンマンカレッジを旅の後半は館めぐりです。ナショナル.トラスト所有のものから個人所有のものまで目標は一日2か所。

ケドルストン.ホール

 

テレビ、映画の「高慢と偏見」や「ある公爵夫人の生涯」などのロケ地を訪問しました。

ハドン.ホール

ナプキンのたたみ方を習うメンバーたち。

 

サドブリー.ホール

 

旅はまだまだ続きます。続きをお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デイルメインでのマーマレード祭り  

今年で12年目を迎えるデイルメインのマーマレード祭りに参加希望の4名の方々のためにカルチャーツーリズムUKが日程のアドバイス、ご案内をさせていただきました。

まずはデンマン.カレッジでパン、ケーキ、パイなどのベイキングコースに参加。

 

Marmalade Tour 2017 011

 

デンマンカレッジのベイキングコースの講師にパンのこね方を習う参加者。

 

Marmalade Tour 2017 044

 

Marmalade Tour 2017 025

 

伝統のブラックフォレスト.ガトーには講師オリジナルのレシピを加えて。

 

Marmalade Tour 2017 075

Marmalade Tour 2017 089

 

Marmalade Tour 2017 022

 

Marmalade Tour 2017 018

 

Marmalade Tour 2017 038

 

Marmalade Tour 2017 006

 

Marmalade Tour 2017 021

 

Marmalade Tour 2017 028

 

Marmalade Tour 2017 092

 

休憩時間に他の教室をのぞいてみました。

 

Marmalade Tour 2017 097

 

ご自慢のパッチワークの作品をご披露。

 

Marmalade Tour 2017 104

 

デンマンカレッジでの受講は無事終わり、先生と記念撮影。

 

Marmalade Tour 2017 109

 

最後にカレッジの庭で日本からの参加者。

 

Marmalade Tour 2017 047

 

Marmalade Tour 2017 049

 

その後、ご一行はキッチン付の宿舎に3泊。料理をしたりマーマレード作りに挑戦したり。

 

Marmalade Tour 2017 132

 

Marmalade Tour 2017 129

 

日中はスーパーに行ったり、観光をしたり。メアリーの家でご自分で作られ、日本から持ってきたマーマレードを試食していただくH様。

 

Marmalade Tour 2017 139

 

アイリーンさんのところでは5種類のケーキのデモンストレーション。おひとり、ひとつのケーキを担当。

 

Marmalade Tour 2017 162

 

最後に習ったケーキでアフタヌーンティを。美味しいケーキと楽しい会話に花が咲きました。

 

Marmalade Tour 2017 184

 

アイリーンさんとご主人のトッドさんを囲んで。突然ローカル新聞の記者が現れるというハプニングも。この時撮影された写真は数日後ヘレフォード.タイムズに掲載されました。

 

Marmalade Tour 2017 192

 

その後、ご一行は専用車でイーリーの町経由で、マーマレード祭りが行われカンブリア地方へ。ここは湖水地方があることで有名です。ペンリスの町は全てがマーマレード色。

 

Marmalade Tour 2017 331

 

Marmalade Tour 2017 323

 

Marmalade Tour 2017 316

 

Marmalade Tour 2017 313

 

マーマレードが大好きなパディントンベアー。

 

Marmalade Tour 2017 332

 

Marmalade Tour 2017 333

 

Atsukos Marmalade 2016 123

 

昨年同様NHKの撮影隊が来ていました。

 

Marmalade Tour 2017 270

 

今年は駐英日本大使も参加されて。年々規模が大きくなっているママレード祭りです。

 

Marmalade Tour 2017 250

 

お祭りのハイライトは職人が作ったマーマレードの試食です。今回は昨年より更に多くの日本の方が金賞を受賞されました。柚子や橙など日本の柑橘類も好評です。

 

Marmalade Tour 2017 304

 

Marmalade Tour 2017 322

 

最後にご一行は、今年3個の金賞を獲得した林敦子さんと会食。翌日は日本に戻られました。

興味のあることを追及することは素敵です。カルチャーツーリズムUKはそういう方々のご滞在のお手伝いをさせていただきます。

 

小さな村でのクリスマス   2016.12.3

雑誌RSVPが主催するクリスマスツアーで一日カルチャーツーリズムUKが「小さな村でのクリスマス」をオーガナイズさせていただきました。

カルチャーツーリズムUKではこれまでにも「田舎の村でイギリスを体験したい」という方々のために、グループ、個人の方々をカルワース村にご案内しています。

カルワース村はロンドンから2時間ほど北西に向かったところにある人口450人の小さな村です。

 

hughenden-2015-097

 

hughenden-2015-107

 

hughenden-2015-114

 

村に到着後は800年の歴史を持つ聖母メアリー教会へ。教会内では洗礼盤や説教台を見ながらキリスト教における教会の意味などを学んでいただきました。また塔の上部にある大きな5個の鐘を鳴らすという貴重な体験を皆さんにしていただいた後はクリスマス.キャロルを歌いました。「きよしこの夜」など歌詞を見ながら英語で歌えば、クリスマスが一気に近づいたように感じます。

 

mary-060-copy

 

culworth-xmas-for-rsvp-441

 

教会の後はヴィレッジ.ホールでクリスマスディナーを。村人たちが用意してくれたローストターキー他、 『芽キャベツと栗』『ブレッドソース』『ロースト.パースニップ』『赤キャベツの甘酢煮』など日本ではあまり馴染みでないものでもイギリスでは伝統の付け合わせなども。ターキーが苦手な方は栗で作られたナッツローフを赤ワインのグレービーと共に。

 

culworth-xmas-for-rsvp-031

 

クリスマスには欠かせないクリスマスプディングは2か月前にメアリーさんが50年以上も使っているレシピで作ったもの。「クリスマスプディングは甘すぎる」と日本の方から敬遠されがちですが、彼女のクリスマスプディングはほとんどの方がおかわりをするくらい好評でした。

 

culworth-xmas-for-rsvp-033

 

culworth-xmas-for-rsvp-037

 

お手製のブランディーソースをかけて。

 

culworth-xmas-for-rsvp-039

 

クリスマスディナーを体験した後は、ハンドベル.リンギングの演奏会。日本の方々も初めて『ジングルベル』を演奏!その後サンタクロースが皆さんへのクリスマスプレゼントを持って登場したり、楽しいひと時はあっと言う間に過ぎて行きます。日本からの方々には家庭で食べるクリスマス料理や(村のご婦人たちの手作り)村人たちとの懇談など貴重な体験をしていただきました。

 

culworth-xmas-for-rsvp-026

 

culworth-xmas-for-rsvp-021

 

culworth-xmas-for-rsvp-025

 

culworth-xmas-for-rsvp-042

 

カルワース村のクリスマスはRSVPの最新号に特集されています。すでに日本で出版されていますので、是非ご覧ください。

アフタヌーンティ文化を学ぶ

2016年6月雑誌RSVP社とのコラボレーションでカルチャーツーリズムUK初めてのグループ滞在 ‘イギリスでアフタヌーンティ文化を学ぶ’ が催行されました。

初日はヴィクトリア&アルバート美術館でイギリスの紅茶文化を学んだ後、オックスフォード郊外にあるデンマンカレッジへ。この日から3日間宿泊しながら徹底的にアフタヌーンティ文化を勉強します。

 

それぞれのお部屋にチェックインした後は、校長から講師の紹介がありました。

Culture Tourism UK First tour 016

 

 

これから始まるデンマンでのレッスンのためにミニ会議。ついでに自己紹介を。

Culture Tourism UK First tour 011

 

この日から最終日まで常にお世話をしてくださるカレッジ.ホストのダイアンさんです。カレッジ.ホストはいわば寮母さんのような方。何か問題があれば相談する方ですが、単におしゃべりをしたい時にも親切に対応してくださいます。彼女たちはイギリス各地のWI支部のメンバーで全てボランティアです。 

Culture Tourism UK First tour 026

 

 

 ベイキングのレッスンではまず講師のデモンストレーション。皆さん真剣です。

Culture Tourism UK First tour 049

 

 

その後はご自分たちで。

Culture Tourism UK First tour 085

 

Culture Tourism UK First tour 080

 

 

完璧なスコーンが焼きあがりました。

Culture Tourism UK First tour 110

 

 

バッテンバーグ.ケーキも

 

Culture Tourism UK First tour 122

 

 

Culture Tourism UK First tour 131

 

Culture Tourism UK First tour 133

 

その他ヴィクトリア.スポンジ、ベイクウェル.タルト... 

 

Culture Tourism UK First tour 067

 

Culture Tourism UK First tour 098

 

Culture Tourism UK First tour 112

 

 レッスンの後は皆でアフタヌーンティ。日持ちのするものは日本へお持ち帰りです。

 

Culture Tourism UK First tour 149

 

 

「緊張したけど実り多い時間でした。」と講師のケリー女史に感謝。

Culture Tourism UK First tour 105

 

レッスンの日は毎日午前と午後には30分のお茶の時間です。ほっとした時にいただくお茶とお菓子は格別。

Culture Tourism UK First tour 058

 

Culture Tourism UK First tour 009

 

 

イギリスティールームのアワードの審査員だったアイリーン女史からティー文化を学びます。アンティークのコレクターでもあるアイリーンさんのレクチャーの内容は目から鱗?

Culture Tourism UK First tour 202

 

ティーガウンとは?

Culture Tourism UK First tour 198

 

ランチはダイニングルームでセルフサービス。「最近食べ過ぎ?」と体重が気になる人はサラダに徹して。

Culture Tourism UK First tour 091

 

 

でも暖かいお料理も気になる....

Culture Tourism UK First tour 096

 

 

 

一日のレッスンが終わってからの自由時間には村の散策。

 

Culture Tourism UK First tour 176

 

 

Culture Tourism UK First tour 177

 

 

村に一軒しかないお店は村人のボランティアで運営されています。小さなお店は郵便局、テーブル一個のティールーム、食料品店を兼ねています。でもさすがデンマンカレッジの利用客のためか、小麦粉の種類だけはロンドンのスーパー並み。

 

Culture Tourism UK First tour 185

 

お店の前で記念撮影。

 

Culture Tourism UK First tour 187

 

修了証をいただいて、デンマンカレッジを去った後も、コッツウォルズの村めぐりやハートウェルハウスでのアフタヌーンティを体験したり、パブリックフットパスを歩いたり、アフタヌーンティ文化の伝統が作られたウォーバンアビーなどを訪問しながら学びの旅は続きました。

 

Culture Tourism afternoon tea culture tour 047

 

Culture Tourism UK First tour 207

 

デンマンカレッジでも日本人専用のコースは初めてのことで、興味津々といったところでしたが、後日担当者からメールがきました。「講師たちからも成功の報告が入っています。フェイスブックに写真を載せたので皆さんに連絡してください。」

 帰国された参加者からもメールをいただき、カルチャーツーリズムUKとして第一回目のグループ講習、ツアーは成功に終わりました。皆さん、ありがとうございました。

 

カリグラフィーのレッスン

個人でカリグラフィーのレッスンに参加され、最終日にカレッジホストにThank You カードを送られたI様。レッスンの効果はすでに表れていて、カレッジホストも感激していました。なんて素敵なプレゼントなのでしょう!

 

From Imai san 2

 

 

IMG_2472

 

 

IMG_2449

 

 

3日間の講習が終わってのご感想は「もっと英語を勉強したくなりました」。趣味の世界は今まで知らなかった界に自分を導いてくれるものですね。趣味を見つけることはすなわち自分を見つけることではないでしょうか。