初秋のイングリッシュガーデンとイングリッシュ・ローズの旅

カルチャーツーリズムUKでは9月にガーデンツアーを企画しています。イングリッシュローズは6月と9月に咲きますが、観光シーズンも終わったこの時期のイングリッシュローズの美しさはまた格別です。

コッツウォルズの有名ガーデンに加え、プライベートガーデンでオーナーとの交流を楽しんだり、コッツウオルズのなだらかな丘陵の間に潜む小さな村や町を散策したり、パブリックフットパスを散歩程度に歩いてみたり・・・イギリスならではの風景に身を委ねて存分にこの素晴らしい時間を楽しんでください。

ウィリアム・モリスの住んだケルムスコット・マナーでは、モリスのデザインした「柳」や「イチゴ泥棒」などにインスピレーションを与えた庭、そして妻とその恋人であった画家ロセッティと共に暮らした16世紀の館を見学していただきます。

イングリッシュローズの生みの親であるデイヴィッド・オースティンのガーデンでは一般に公開されていない部分の特別見学やアフタヌーンティーも経験していただけます。

イギリスのテレビドラマ「ダウントンアビー」のファンの方にはロケ地に使われた村への訪問も興味深いことでしょう。

同じホテルに3連泊しながらゆっくり回りましょう。少人数のツアーだからこそ可能な内容でいっぱいの「初秋のイングリッシュ・ガーデンとイングリッシュ・ローズの旅」に是非ご参加ください。 ツアーに関するお問い合わせはinfo@culturetourismuk.cominfo@culturetourismuk.comまでどうぞ。 

  

【ツアー日程】 

9/11
(火)

◎ロンドンパディントン駅周辺で集合。専用車でコッツウォルズに向かいます。
◎ヒドコート・マナー・ガーデンとキフツゲイト・コート・ガーデンを見学します。

[ヒドコート・マナー・ガーデン]

20世紀初頭に造られたガーデンはアーツ&クラフツガーデンの代表的なものです。生け垣などで仕切られた25のガーデンはまるでひとつひとつ部屋になっているようです。「次はどんな庭?」とワクワクしながら入り込むそれぞれのガーデンはナショナル・トラスト所有のガーデンの中でも特に人気があります。    

    
           

[ウォーターペリー・ガーデンズ]

ウォーターペリー・ガーデンズは、ベアトリクス・ハヴァーガルが1932年に女性のためのウォーターペリー園芸学校を創立したガーデンで、今でも王立園芸協会と共にガーデンに関する教育の場としてコースやイベントも行われています。専門家の間では秋のガーデンとしてはトップに挙げる人も多く、8エーカーに及ぶ敷地でフォーマルガーデンやローズガーデンなどお楽しみいただけます。

        



9/12
(水)

◎ガーデニング好きのイギリス人のプライベートガーデンを2件訪れます。お茶を飲みながらオーナーと交流しましょう。

◎ウィリアム・モリスの住んだケルムスコット・マナーとそのガーデンを訪れます。昼食はここのティーショップで各自召し上がっていただきます。

[ウィリアム・モリス]
詩人、デザイナー、刺しゅう家、作家、歴史的重要建築物保存活動家、V&A美術館アドバイザー、社会活動家、アーツ&クラフツ芸術運動奨励者・・・・多方面で活躍したモリスですが、特に日本ではテキスタイルや家具のデザイナーとして知られています。田舎の小さなコミュニティと中世の職人の技を好んだモリスが「ここには最も素晴らしい昔の平和がある」と感激したケルムス・コットマナーはきっと皆様にとっても特別な場となることでしょう。

 

◎コッツウォルズの小さな町や村を訪れます。テレビドラマ『ダウントン・アビー』の撮影が行われた村での散策をすれば、皆さんもすっかり気分は『ダウントン・アビー』です。

◎夕食は自由ですが、ご希望の方はパブにご案内します。



9/13
(木)

◎インテリアやデザインにウィリアム・モリスの影響が深く感じられるヴィクトリア時代の美しい館ウィティック・マナーとそのガーデンを訪れます。モリスがデザインしたオリジナルの壁紙や、ウィリアム・ド・モーガンの陶器、ダンテ・ガブリエル・ロセッティなどラファエル前派の画家による絵画も鑑賞できます。

 

◎イングリッシュ・ローズの生みの親で世界的に知られるデイヴィッド・オースティンのローズガーデンを訪れます。一般公開されていないブリーディングハウスではデイヴィッド・オースティンのバラが作られる過程もご覧いただけます。またイギリス伝統のアフタヌーンティもお楽しみください。

     



9/14
(金)

◎チッピング・キャムデンなどコッツウォルズの小さな町や村を巡ります。お天気が良ければパブリック・フットパスを使っての軽いウォーキングも予定しています。

 

◎ガーデンセンターにご案内します。ガーデングッズやお土産もお求めいただけます。

◎最後の昼食は、ローカルの人たちに人気の伝統的なイギリスのパブでおいしいランチを召し上がっていただきます。

◎ランチの後はロンドンへ。午後5時ごろパディントン駅周辺で解散です。

*天候や交通状態によっては行程が変更になることがありますのでご了承ください。



 

 【ツアー概要】
出発地

ロンドン(現地発着ツアーですので、日本からの航空券代は含まれておりません)

日程

2018年9月 11日(火)~9月14日(金)※現地発着

企画 カルチャーツーリズムUK
料金

£1275(5月 23日現在約197,000円)

1人1室。ダブル・ツインの場合は差額を差し引いた別途料金となります。

代金に含まれるもの:ガイド料金、専用車&ドライバー、ホテル3泊、朝食3回、昼食2回(アフタヌーンティーを含む)、夕食1回、訪問場所での見学料金。

最小催行 3名(最大 10名)お申込み順にご予約確定となります。
同行 木島タイヴァース由美子(在英ブルーバッジガイド)
ホテル Three Ways House Hotelまたは同クラスのホテル
申し込み先
(日本語可)

カルチャーツーリズムUK info@culturetourismuk.com

※お申し込みの際は下記をご記入ください。

  • 参加者名(パスポートのお名前。複数の場合はそれぞれのお名前)
  • ご住所
  • お電話番号(ご自宅&携帯)
  • メールアドレス
  • シングルまたはダブル・ツインルームかどちらかのご希望
注意事項

◎お支払い方:Pay Pal(ツアー代金のお支払いは8月1日までにお済ませください)

◎キャンセルについて:またこれ以降のキャンセルに関しましては100%のキャンセル料金が発生します。

◎必ず個人で日本をご出発前に海外旅行保険にお入りいただくようお願いいたします。

◎渡航に際しては、外務省海外安全ホームページを読まれることをお勧めします。www.anzen.mofa.go.jp

※掲載の写真はイメージです